樹木葬って何?

樹木葬

よく聞くのは自然葬と呼ばれるものから来たお墓のことで、一般には大きな木の周りにお骨を埋めて埋葬する方法です。 これが近年では「都市型の樹木葬」として発達してきました。

しかし従来の樹木葬では他人の骨と一緒に埋葬されるのはイヤだ、ペットと一緒がいい、ペットと一緒じゃイヤだ、など様々なご要望があり、それに伴いご提供する樹木葬も多種多様化しています。

フラワージュ

簡単にその特徴をまとめると、

  • 一番のメリットは料金が安い
  • 宗旨宗派の制限がない
  • 亡くなった後の承継の心配がいらない
  • 法要、埋葬後の供養もやってもらえる
  • 自然が好き、お花が好きな人にはピッタリ
と言えるものになります。

どんなお墓にするにせよ、一番大事なことはご家族とまずは話し合ってから、ご検討されるのがいいでしょう。

霊園の最新コラム情報

民間霊園
自分の好きなお墓を建てる

最近は自分のエンディングを自分を決めたいと考えている方も増えてきました。
お墓をどんな形がいいのか、どんな風に埋葬したいのか、どこにお墓を建てたいのか、しっかり生前に調べることが重要です。

自然葬
自然葬とは何か?

今話題の自然葬って何?
それは、都市部を中心にさまざまな要因から選ばれやすくなっているもので、その多くは死後は大自然の懐で眠りたいといった自然回帰の考え方の高まりが背景にあります。

樹木葬
墓石の見極め方

お墓を建てよう!と思ったけどどんなお墓にすればいいのか見当もつかない、墓石の選び方ってどうすればいいんだろう? そんな疑問にズバッとお答えいたします。

もっとも有名な樹木葬

今、一番人気は樹木葬「フラワージュ」と呼ばれているお墓です。 各メディアに取り上げられて、予約殺到で完売が続出しています。

フラワージュ

取り上げられたメディア一覧
日本経済新聞社 サンデー毎日 BS JAPAN「NIKKEIプラス1」 FM西東京「ほくほくタイムズ」 TBSラジオでCM放送

フラワージュに決めたお客様の声

フラワージュ

子供がいなくて、お墓の維持管理が心配でした。 ここは霊園自体も魅力的で、静かで自然豊かで明るいので一発で決めました。 春にはウグイスが鳴くのを聞くこともできるのはいいですね。 あと、薔薇の花もキレイで、こういった木々や花々の手入れもキチンとしているのはよかったです。

フラワージュ

安さもありますが、何よりしっかりと管理されているのが好印象でしたし、 後々の管理料がかからない点もお金の心配をしなくていいので助かります。

フラワージュ

樹木葬と聞くと、木の周りにお骨をまくだけというイメージでした。 でもフラワージュは遺骨がばらばらになることも、誰かと混ざることもないので、お参りに来るたびにその人に向かって手を合わせられる安心感がありますね。 ずっとこんなお墓を探していました。

お勧めの樹木葬「フラワージュ」

お盆期間中も見学OK

そもそもお墓の種類って知ってますか?

お墓や埋葬には様々な種類があります。
これからお墓を建てたいと思っている方なら特に知ってほしい内容です。
どんなお墓があるのかその種類や具体的な内容はよく知らない人でもここを見れば一目でわかりますので、実際に霊園見学に行く前にチェックしときましょう。

お墓を建てるタイプ(承継するものとしないものがある)

先祖代々のお墓を継承する
(家墓・両家墓)

家墓

一番オーソドックスなタイプのお墓です。
先祖代々引き継がれているお墓で家墓と呼ばれています。 また両家墓と呼ばれるものは2家の墓をひとつにまとめて供養するお墓です。 どちらのお墓も承継を前提としたお墓になります。

新しくお墓を建てる
(家墓・両家墓・夫婦墓・個人墓)

両家墓

承継を前提とするお墓=家墓、両家墓
承継を前提としないお墓=夫婦墓
一代限りのお墓=個人墓
承継を前提としないお墓は一定期間後は合祀されます。

お墓を持たないタイプ(承継しないタイプ)

永代供養墓
(永代供養塔)

永代供養墓

もともとは承継しないお寺のお墓のことを指していますが、現在は民間霊園でもこの言葉を使っています。 永代供養墓と呼ばれるものは、一定期間を過ぎると合祀されて、寺院が半永久的に供養してくれるお墓になります。

共同墓
(納骨堂・樹木葬)

樹木葬

最近では、自然葬を行う方が増えてきました。
その自然葬のひとつが樹木葬と呼ばれているものです。 シンボルツリーとして一本の木を墓石の代わりにしてその周りに遺骨を安置します。一定期間後は合祀されます。 また木の代わりに最近ではお花で色とりどりに彩り、四季彩豊かなお墓が注目を集めています。
納骨堂が室内になるタイプで個人から夫婦、集合まであります。一定期間後に合祀されるタイプと代々受け継ぐタイプも最近は出てきました。

散骨

散骨

こちらも自然葬の一つになります。
パウダー状の遺骨を山や海に撒きます。 この散骨で注意することは、散骨したい地域が自治体の条例などで禁止している地域もありますので、事前にルールの確認が必要なことです。 また全てのお骨を散骨すると、のちに埋葬したくてもできなくなりますので、一部の散骨だけにとどめていた方が賢明と言えます。

手元供養

自宅墓

(自宅墓)
こちらも最近注目されている埋葬方法で、自宅に骨壺を置いて供養する方法です。
自宅墓とも言います。
基本的に家のどこに安置しても構いませんが、安置場所は仏壇が多いです。

霊園見学してみた実際の感想とアドバイス

母が亡くなった際にお墓を買おうということになり、霊園をいくつか見て回りました。

まずは霊園見学から

霊園見学

元々実家があった場所に代々のお墓もあったのですが、なにしろ飛行機で行かなければいけない距離ですし、実家があった場所にはもう遠い親戚しか住んでいないため、現在居住している地域で新しいお墓を買おうと家族で話し合った結果のことです。 私も家族もお墓のことはよく判らなかったので、とりあえずまずは霊園を見て雰囲気から決めようということになりました。

お墓について調べ始めてから、以前の大きなお墓やお寺のお墓とは異なり、現代には色々な種類のお墓があることを知りました。 ひとつの霊堂にいくつものお墓が治まっているタイプや、小型のお墓がずらりと並んでいるタイプなど、お参りする側からしてみるとこれなら気軽に行きやすいと納得できるものばかりです。

気になったのが樹木葬

霊園見学

その中でも私が気になったのは樹木葬でした。 樹木に囲まれて眠る樹木葬なら自然な感じがしますし、大仰でないところも素敵です。それに霊園によっては永代供養を行ってくれるのも助かります。

父母のお墓は私が守ることができるものの、私や兄弟から先の供養についてはどうなるか判りませんし、今から決定できるものではありません。 永代供養をしてくださるというなら、一種の安心感にも繋がると思いました。

想像以上によかった樹木葬

霊園見学

樹木葬を行っている霊園を早速見学してみると、思っていた以上に素晴らしくて驚きました。 私が持っていた霊園のイメージは、じめじめとして暗い場所でした。 元々のお墓がお寺の横に作られたもので、あまり日当たりのよくない場所に墓石が並んでいるタイプだったため、その差に仰天したものです。

綺麗に手入れされた樹木は庭園を飾っているように見えて、言われなければここが霊園だとは気づかないでしょう。 樹木の並べ方も美しく、どれもきちんと手入れされています。 なによりも木々だけが並んでいるため空間が開けて見えて、全体の印象が明るいのが新鮮でした。 民間霊園はここまで進化しているのかと感心したものです。

もちろん一口に樹木葬といっても、それぞれの民間霊園によって差はあると思います。 我が家では結局見学してみた中で、一番印象が良かった霊園にお願いすることに決めました。

樹木葬の利点

霊園見学

宗派が自由であることや、交通の便がわりと良いこともここに決めた理由です。 交通の便が良ければお彼岸やお盆にも行きやすいですし、母も寂しくないだろうと思えたのです。

永代供養ができるかどうかもネックだったので、個別で永代供養をしてくれるのも助かります。 亡くなった後のことはそれほど気にしなくていいのかもしれませんが、できれば最後まで個別か、もしくは家族一緒の供養をお願いしたいというのが私や家族の意見でした。

亡くなった母はお墓についての希望はなく、できれば明るいところがいいなぐらいに話していました。 自分が眠る場所としては自然に囲まれた場所が理想とも言っていたので、樹木葬はぴったりだったのではないかなとひそかに満足しています。

また、民間霊園とはいってもお寺とはきちんと契約しているようで、お寺からの供養もお願いすることができます。 法事の供養もお願いできるということで、今後の法事はこちらにお願いすることになりました。 法事を行いたいのにできないということでは困ってしまうので、霊園を選ぶ場合にはお寺との契約がどうなっているのかも、あらかじめ確認しておきたいところです。

金額についても同様で、話にくいことではありますがなるべく明確に問い合わせをするようにしました。

お墓選びは慎重に

霊園見学

今回霊園探してあちこち見学してみた感想としては、民間霊園といっても本当に色々な場所があるということです。 チラシの売り出し文句やネットのホームページなどを見ても、実際のところどうなのかは足を運んでみないと判りません。

実際に行ってみたら雰囲気がイマイチだった霊園ももちろんあります。 逆に今回選んだ場所のように、まるで綺麗な庭園のようで明るい雰囲気に満ちた霊園も存在しています。 家族や自分が眠りにつく場所として、そして法事ごとに遺族が集まる場所としても、お墓選びはとても大切だと思います。

お墓は一度選んだら滅多なことでは移動しません。 後々後悔しないためにも、最大限に情報を集めて検討するべきです。

また、管理事務所の体勢や、どんな会社が管理を行っているのかも確認したいところです。 いずれにせよ何度かは必ず足を運んでみるべきだとも思います。

納得できる霊園を探しましょう。

霊園見学

木々に囲まれて眠るお墓は、とても素敵な供養の仕方だと感じています。 以前のお墓は遠い上に雰囲気が暗くて行きにくかったのですが、今回のお墓なお散歩気分で訪れることもできます。 家族が気軽に訪れることで、きっと母も喜んでくれているはずです。

お墓選びは難しいものですが、我が家には樹木葬という形式がぴったりでした。 新しい形式ではあるものの、木に囲まれているのはなんだか自然な感じもします。 良い霊園に巡りあえたことを、家族ともどもとても満足しています。

失敗しない樹木葬の見分け方

フラワージュ

どんなお墓にするのか、まずは自分とご家族とよく話し合ってからそのタイプを決めましょう。 実際に購入の段階になってからご家族の反対で取りやめた、なんていう事例も多くあります。 そして実際に霊園を見学するには、いくつかのチェックポイントを押さえておきましょう。

今回は特に樹木葬に絞って、そのポイントをまとめています。

ポイント1.埋葬場所

樹木葬

埋葬は3つに分けることができます。 土に直接埋葬する方法、土の中の石棺に埋葬する方法、木の周囲に直接散骨する方法です。

ポイント2.埋葬の方法

樹木葬

骨壺から出して遺骨のみ埋葬する方法、布袋に移して埋葬する方法、骨壺のまま永代に亘って埋葬する方法、 専用の容器に移して埋葬する方法、一定期間預かってその後骨壺から出して埋葬する方法、などがあります。

ポイント3.お墓参り

樹木葬

霊園によっては通常のお墓と異なり、独自のお参り方法が設定されているところもございますので、事前に確認しましょう。 (例.お線香を上げてはいけない、花は共同の献花台に備えなければいけない等々)

ポイント4.供養

樹木葬

多くの民間霊園などは年に1回から数回、合同供養を執り行います。 参列可能かどうかは事前に確認しておきましょう。 また公営霊園では合同法要等行わないところもあります。

ポイント5.価格

樹木葬

霊園によってその価格はまちまちです。 管理料・埋葬料など一切不要なところもあれば、必要なところもございます。 事前にどれくらい費用が掛かるのか、しっかりと確認しておきましょう。

ポイント6.管理

樹木葬

樹木葬のみならず、霊園全体の管理の様子もしっかりと見ることが大切です。 参道や共同部分も掃除などキチンとしているか見ておきましょう。

ポイント7.宗派

樹木葬

多くの樹木葬の場合は、宗旨宗派は不問のところが大半です。 しかし一部の寺院墓地などは檀家にならないといけないところもございます。予め確認しておきましょう。

ポイント8.アクセス

樹木葬

霊園までの交通手段の確認もしっかりとしておきましょう。 特にお年寄りにも気楽に行ける場所なのか、公共の交通機関がどの程度使えるか調べておきましょう。

ポイント9.施設・サービス

樹木葬

管理事務所や法要施設など霊園で利用できる施設やサービスもしっかりと事前に確認しましょう。 またバリアフリーになっているかどうも大切です。 あとは駐車場、法要施設、会食の手配なども聞いておきましょう。

ポイント10.環境

樹木葬

穏やかに静かにお墓参りができるかどうか、区画や参道などの日当たりや水はけの状態なども確認しましょう。 雨などでぬかるまないか、排水の設備は整っているか、聞いてみるといいでしょう。

お勧めの樹木葬「フラワージュ」

ページの先頭へ