一般的な樹木葬とは?

変化する供養の形

供養の形

現在、生活スタイルの多様化や価値観の変化によって供養の形も大きく変わってきています。
従来は、家のしきたりなどに基づいて決められていた供養の仕方を継承する人が多かったですが、近年は本人や家族の意向で好きな供養の形をとる人が増えています。 少子化で、必ずしも子供が自分のお墓を見続けてくれるとも限りません。

自由に供養の形を選べるようになった一方で、
「家族をどんなふうに供養したらいいのか?」
「どんな供養の仕方があるの?」
「どのやり方が自分に合っているのか分からない。」

という悩みを抱える人も少なくありません。
どんな形で供養するのかは、現在多くの人が抱える問題のひとつです。 そんな中、新しい供養の形態として注目を集めているのが「樹木葬」です。 今回は、樹木葬の特徴やメリット・デメリットについてご説明します。

フラワー墓地 ガーデニング墓地

樹木葬とは

樹木葬とは、遺骨を土の中に埋めてその墓標として樹木を植える供養の仕方です。

簡単に言うと、一般的なお墓の墓石部分が樹木になるという事です。 故人が好きだった草花を一緒に植える人も多いようです。 ぬくもりを感じる見た目と、亡くなってから自然に還ることができるという点が人気です。

樹木葬

樹木葬の特徴として、ひとりひとり個別にお墓に入る方法と、複数人が一緒に一つのお墓に入る方法があります。 血縁関係、夫婦以外の人とでもいっしょのお墓に埋葬することができるのです。

墓地にもよりますが、人間だけじゃなく大切にしていたペットとも同じお墓に入ることが可能な霊園もあります。

また、樹木葬は基本的に宗派にとらわれません。

どんな宗教の人でも樹木葬をすることができますし、別の宗教の人同士が同じお墓に入る事もできるのです。 樹木葬のもうひとつの特徴として、継承者がいなくてもお墓を作ることができるという点が挙げられます。

お墓を継いでいく継承者がいないと作ることが難しかった従来の形式と異なり、樹木葬の多くは永代供養墓になります。

※ 霊園によって、樹木葬の取り扱いは若干の違いはありますので、ご注意下さい。

樹木葬の種類

樹木葬

樹木葬は、「里山型」「公園型」に分けられます。

里山型は、山の中や林など自然豊かな土地に作られる墓地です。 区画が無く、より自然に近い形で埋葬できる点が人気です。 しかし、お墓の場所が分かりにくい、里山なのでお墓参りに行くのがたいへんといった問題点もあります。

公園型は、霊園の中で個別に区画があるタイプと、合同に一つの樹木の下に埋められるタイプがあります。 都市部に作られていることが多く、通いやすさや手入れのしやすさが支持されています。 また、霊園の入り口にだけ墓石があり、そこに個人の名前が刻まれているタイプもあります。

樹木葬のメリット・デメリット

当然、樹木葬にも長所もあれば短所もあります。 一概に樹木葬がいい、とは言えません。 人それぞれお墓に対して、どのような考え方、向き合い方をしたいのか、そういった面で捉えることで樹木葬の良さもわかると思います。

樹木葬のメリット

●自然回帰、エコになる

「死んだら自然に帰りたい。」「死んでからも縛れているのは嫌だ。」という人にとって、自然に近い形に埋葬される樹木葬はとても魅力的です。 海や山に骨を巻く「散骨」もありますが、お墓として残りません。 樹木葬なら、自然に還ることができてお墓も残すことができるのです。

●複数人でお墓を作ることが可能

従来の墓石を建てるお墓は、血縁関係や婚姻関係のある人間しか同じお墓に入ることはできませんでした。 何らかの事情があって婚姻関係を結べなかった人や、家族のように大切にしてきたペットと一緒のお墓で眠りたいという人の希望を叶えることができるのが樹木葬です。 また、単身者が集まってコミュニティを作り、そのメンバーで同じお墓に入ることも可能です。 家族の形態にこだわる日本の古い習慣が苦手な人にも人気です。

●お墓の継承者がいらない

一般的な日本のお墓は、子供から孫へと代々引き継がれていきます。 しかし、結婚や子供が必ずしもあたりまえではなくなった現代では、継承者がいないせいでお墓を作ることが難しいケースも多いです。 樹木葬は、継承者を必要としない埋葬方法なので、子供や家族がいない単身者でもお墓を作ることができます。 樹木葬の多くは、墓地の人がお墓の管理をしてくれるので、継承者が必要ないのです。 また、「死んでから子供に負担をかけたくない。」と考えている人にはおすすめです。

樹木葬のデメリット

●周囲の理解が得られないことがある

樹木葬は、近年少しずつ増えてきた新しい供養の形です。
古くからの供養の形や埋葬方法に慣れている人は、このような供養の仕方に抵抗を感じるでしょう。 家族関係でない人と同じ墓地に入る際は、特に周囲の理解を得る必要があります。 なかでも高齢者には、樹木葬の特徴やメリット・デメリットについてしっかりと説明しておかないと後々トラブルになることも考えられます。 供養の方法やお墓の形は、人によって考え方に大きく差が出てくる部分なのでよく相談してから結論を出しましょう。

●遺骨を取り出せない

樹木葬は、骨壺に骨を入れずそのまま地中に埋める形式を取る場合が多いです。 特に、里山型の樹木葬や区画を設けないタイプの樹木葬では、一度埋めた遺骨を取り出すことはできなくなります。 遺骨を粉々にして散骨するケースもあるため、一度埋葬した骨を取り出すことは困難だという事を頭に入れておきましょう。

樹木葬には多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。 いろいろな角度から検討し、周囲の人の理解も得たうえで埋葬方法を選択してください。

お勧めの樹木葬「フラワージュ」

ページの先頭へ