自然葬とは何か?そして自然葬のある霊園の選び方

今話題の自然葬って何?

自然葬

自然葬は、寺院や霊園施設などにある個別の墓所区画に墓石が並ぶ従来形式の埋葬方法にとらわれず、自然に寄り添った形式での葬送スタイルです。

都市部を中心に、さまざまな要因から選ばれやすくなっている自然葬ですが、一つには、死後は大自然の懐で眠りたいといった自然回帰の考え方の高まりにあります。 環境保護やエコロジー志向の浸透も背景にあります。

自然葬の種類

自然葬

自然葬には、大まかに分けて2つの方法があります。
樹木を墓標に見立て、その根元もしくは周辺に納骨あるいは散骨する「樹木葬」と、船で沖へ出て遺族らが散骨する「海洋葬」です。

どちらも一昔前は認められていない方法でしたが、法律の改正によって可能となり、近年急速に注目度が高まって実行されるケースが増えています。

流行り出した理由

自然葬

首都圏をはじめ都市部で、自然葬があっという間に浸透した要因としては、樹木に抱かれて自然に還りたい、生命の源である大海原へ回帰したいといった憧憬ももちろんありますが、 個別の墓所を持ちたくないといった理由も大きいと考えられます。

自然葬人気の高まりと同時に「墓じまい」「永代供養墓」といったキーワードも注目されていますが、 核家族世帯の増加によって、従来の先祖代々の墓所を子々孫々まで供養し守り続けて行くといった考え方が薄れ、墓所を管理する負担を子孫にまで負わせたくないと考える人の増加があります。

高齢になって遠方に墓参に行くことが困難になり、その墓所を墓じまいして、改葬先に自宅近郊にある合祀形式の永代供養墓や、海への散骨を選ぶ人もいます。 そういった風潮の高まりとともに、子どもを持たない世帯やシングル世帯は、そもそも個別の墓所区画を購入して従来スタイルの墓地を持つことは現実的ではないといった意識も定着しつつあります。

費用が魅力的な自然葬

自然葬

そういったいくつかの理由の中でも、自然葬が選ばれやすくなっている最大のポイントはやはり、従来タイプの墓地を購入するよりも、費用が安く抑えられるところにあると言えます。

この点は、葬儀の面においても共通している傾向であり、家族葬など全体的に葬儀のコンパクト化が進む中、お通夜も告別式も行わず、火葬のみの直葬という最も安価な形式が選ばれやすくなっていることと根底で関連していると考えられます。

合理的で時短でコンパクトという流れが、葬儀や埋葬といった方面にも本格的に及んできたことになります。 自然回帰という点では、樹木葬も海洋葬も、故人の希望が叶えられる形式となりますが、遺族としては、その後の供養の形式から、どちらを選ぶかでかなり違いが出て来ます。

その後の供養の仕方

自然葬

樹木の元に埋葬するのであれば、納骨・散骨にかかわらず、従来の墓所のように、墓標となる樹木に墓参に行くことができます。 海洋葬の場合は、海に散骨することから、基本的に墓参はできません。 散骨するために遺骨をパウダー状にする際、分骨してそれを加工してクリスタルのオブジェにするといった方法を取るケースもあります。

海洋葬も樹木葬も、実行される機会が増えるにつれて個別の形式が多様化していますが、そういった、後々の供養の仕方も多岐にわたるものとなって来ています。

樹木葬の供養

自然葬

樹木葬の場合、まず樹木の種類の選定から、多種多様なものとなっています。
樹木葬区画を新設する寺院や霊園施設は、首都圏を中心に急増していますが、どの施設も特色を出すために工夫を凝らし、結果、バラエティに富んだものとなっています。

樹木の種類で言えば、やはり美しい花が咲く木が人気ということで、郊外の里山などでは墓標を桜の木に統一して、全山桜で覆う桜葬を導入して注目されています。 比較的都市部にある霊園施設では、ガーデニング霊園として、英国庭園のような美観にこだわった敷地に、色とりどりのバラを墓標代わりにして、さながらバラ園のような埋葬地に仕上げ、人気を高めています。

そういった見た目の好みで樹木の種類を選んで、専用区画が設けられている霊園を探す方法もありますが、埋葬形式そのものについての確認も重要になります。

埋葬方法をしっかりと確認

自然葬

樹木葬の場合、専用区画の中でも一人に一本の樹木に個別に埋葬するのか、一本のシンボルツリーの周囲に複数名の遺骨を納骨あるいは散骨するのかで、費用も大きく変わってきます。 施設によっては、合祀形式の永代供養墓が樹木や花で飾られ、どちらとも取れる形式になっていることもあります。

その後の供養や管理のことも含め、しっかりと確認して選ぶことが大切となります。

海洋葬のほうも、一般的に連想されやすい、遺族が船をチャーターして散骨可能な海域へ行って実行するほか、業者が散骨を代行するケースもあります。 こちらも費用によって、かなり形式が変わってくる面があり、最も費用がかかるものでは、小型航空機をチャーターして空から散骨する形式となります。

最も安価なものでは、散骨する遺骨が一定数集まってから、業者が代行して行う形式です。 遺族みずからが船出して散骨を行う場合も、個別に船をチャーターするのか、複数の家族で合同で散骨を行うかで、費用が違ってきます。 葬送という厳粛な場において費用面ばかり取り沙汰するのは不謹慎な面もありますが、きちんと考えて選ぶことが大切です。

お勧めの樹木葬「フラワージュ」

お盆期間中も見学OK

ページの先頭へ